行動方針

金融庁の総合的な監督指針をもとに、当社では保険の公共性に加え、代理店としての事業の健全性と適切な運営及び、保険募集の公平性をお約束しております。
さらに、ご契約者さまの保護を図ることを第一に、お客さまの暮らしの安心や安全のご提供、事業の繁栄や福利厚生の備え、さらにはリスクヘッジ等のサポートしております。
また、少子高齢化の時代を迎え、保険とは社会保障制度を補完する位置づけとして、先ずは社会保障制度(健康保険・介護保険・年金保険)それぞれの役割や機能をご紹介し、ご相談者さまのライフサイクルに不足すると思われる場合に、必要な分だけの保険を備えていただくようご案内させていただいております。
加えて、環境によるさまざまな変化に対応する備えや、サイバーリスクへの対策など、新たなリスクの増大に伴って個人を含む企業活動における多様なリスクに対応する手段としても保険の需要と必要性が拡大しております。
このような状況や環境のなかで、多様性や高度化するお客さまのニーズに柔軟に応えられるよう、募集人としてのスキルアップや商品知識の習得が求められ、加えてコンプライアンスの遵守にも努めてまいります。

最終更新日:令和4年5月20日
代理店:有限会社FPタケハナ
代表取締役:竹鼻 信之